こんにちは。取締役副社長の木下です。
前回の経営者コラムでは採用促進に向けた取組みをご紹介しました。その続きとしまして求職者の皆さまが安心して応募いただけるよう、採用に関する詳しい話をお伝えします。

弊社の採用活動状況(4月~10月)

今年4月から自社運営・管理による求人募集や直接採用(ダイレクト・リクルーティング)を開始しました。
その結果、タクシードライバー、配車オペレーター、事務職・総合職といった様々な職種の募集に対し、月2~3名のペースで採用(新卒の場合は内定)を行っています。なお、新規採用者の多くは業界未経験です。

弊社採用の特徴 ※新規採用者や内定者がびっくり

新規採用者や内定者に聞いた弊社採用の特徴を一部ご紹介します。

  • 「面接」ではなく「面談」
    就業後も安心して働いていただくための第一歩は、求職者と会社との信頼関係を築くこと。そのため、求職者も会社もオープンに話し合うことが大事と考え、「面談」という採用手法を導入しています。
    「面接」は、どうしても求職者も会社も「強み」を評価する傾向となり、「弱み」を出すことはできません。私自身は、この「弱み」を理解し合うことのほうが採用やその後の就業に重要と考えます。なぜなら、会社も人も、一緒に「弱み」を「強み」へ変えることにより、大きく成長するからです。
  • 求職者のニーズを踏まえた「提案型」
    面談を通じて、求職者のニーズを確認し、会社の希望とマッチングする提案を行っています。一例として、配車オペレーターを当初応募した求職者で、その方のニーズを踏まえると事務職に適性がある場合は、その旨を提案して採用したケースがあります。
  • 「スピード面談、スピード採用」
    営業時間外などのやむを得ない場合を除き、応募いただいたら最短で連絡し、面談。面談の場で採用結果をお伝えしています。また、IターンやUターン希望で、現在のお住まいが遠方などの理由で来社が難しい場合は、お住まいの近くで面談を行うなど柔軟に対応しています。

採用後が大事!

会社として「採用」がゴールではありません。採用後に安心して就業していただくことが最も重要と考えます。
そのため、採用面談時での気づきや就業後の声などを分析し、仕事環境の改善を図っていくマネジメントサイクルを導入しています。例えば、新規採用者の理解や協力を得て、私生活が充実しつつ、仕事の生産性を高める働き方を検証しており、新しい形のワークスタイルの充実を目指しています。

現在、もっと多くの方に興味を持っていただけるような採用ページの見直しを進めています。採用に関しまして、ご質問などがございましたら、ぜひお問い合わせください。